学院生活
先生日記

HOME > 学院生活 > 先生日記一覧 > 創立記念礼拝

2020.11.27
創立記念礼拝
11月26日「創立記念礼拝」が行われました。本校は、1887年(明治20年)「日本女性の教養を高めるためには女子教育が必要である」との思いから、静岡メソジスト教会牧師平岩愃保が県令関口隆吉らとともに開校。カナダより初代校長ミス M.J. カニングハム氏を迎え、静岡で最初の女学校「静岡女学校」として創立。今年133回目の誕生日を迎えました。
校長先生の奨励では、オンライン授業で始まり次々とイベントが中止、延期になった今年度を振り返り、どんなに時代が変化しても「今」を大切に歩んでいる英和生の素晴らしさは変わらなかったと感じています。と、お話がありました。

創立133周年記念日 礼拝奨励「Love Your Neighbor」
続いて、静岡英和学院長の中井弘和先生を講師にお迎えし、「コロナ禍の危機の時代にあって~いのちと自然そして食べ物の大切さについて考える~」と題した、記念講演会が行われました。

『沈黙の春』で農薬の害を告発したアメリカの環境生物学者レイチェル・カーソン、『複合汚染』の出版により環境汚染について訴えた有吉佐和子など、近年社会に影響を与えた人物の紹介があり、危機にある今だからこそ女性の感性を磨く女子教育が大切である。と、お話がありました。また、人間が自然を大切にしないことによって起こった数々の出来事から、自然に接することの大切さや地球環境を守る重要性について説明がありました。

英和女学院 中学校・高等学校

ページトップへ