学校紹介
学校の沿革

HOME > 学校紹介 > 学校の沿革

静岡で最初の女学校、来年で130周年。

1887年、静岡で最初の女学校として静岡英和女学院は開校されました。
以来、今日に至るまで、時代の一つ先を見つめ、自立心を持った女性を育成しています。

明治

1887(明治20)年 静岡メソジスト教会牧師平岩愃保は県令関口隆吉らとともに、私立「静岡女学校」を開校
初代校長は、ミスM・Jカニングハム

1891年創業時の校舎

1896年校舎と1902年校舎
1903(明治36)年 校名を「静岡英和女学校」と改称

1923年創立40周年記念

明治

1945(昭和20)年 静岡大空襲で、校舎全焼
終戦直後の8月21日、焼け跡で教育活動再開
1947(昭和22)年 「静岡英和女学院中学校」、翌年「静岡英和女学院高等学校」発足
1949(昭和24)年 校舎、礼拝堂落成

1949年校舎

礼拝堂落成
1963(昭和38)年 校舎復興
1966(昭和41)年 「静岡英和女学院短期大学」開学
1981(昭和56)年 カナダ・サマースクール始まる。カナダのバルモラル・ホール・スクールとの姉妹校提携を皮切りに、現在4校と提携

バラモラル・ホール・スクール 1980(昭和55)年


エルムウッド・スクール 2003(平成15)年

ビショップ・ストローン・スクール 1997(昭和63)年


セント・マーガレット・スクール 2009(平成21)年
1987(昭和62)年 創立100周年記念

平成

1999(平成11)年 新礼拝堂・校舎落成
2002(平成14)年 男女共学「静岡英和学院大学」開学
2003(平成15)年 高校2年生カナダ・スタディツアー (研修旅行)開始
2012(平成24)年 創立125周年記念
高校募集開始
2014(平成26)年 ICT教育の導入
2015(平成27)年 ジュニア英和学の開始
2016(平成28)年 英和学・女性学の開始

静岡市との地方創生の推進に向けた連携の締結
(政令指定都市と高等学校の提携は全国初)

中学入試に基礎総合型入試の導入
2017(平成29)年 生徒の学力をさらに向上する目的としたEDP(英和ドリカムプログラム)、ESP(英和スタディプログラム)スタート

英和女学院 中学校・高等学校

ページトップへ