学院生活
先生日記

HOME > 学院生活 > 先生日記一覧 > English Day 礼拝

2020.09.26
English Day 礼拝
9月25日は、静岡英和女学院の英語の日「English Day」でした。外国文化や風習を学ぶ特別な日です。礼拝はイギリス人のスチュワート先生とボランティアの生徒たちによって、英語と日本語で行われ、英語讃美歌「All Things Bright and Beautiful」を賛美しました。
この日は、9月21日の International Day of Peace「国際平和デー」についてお話がありました。1981年に国際連合で定められた記念日で、世界中の国々や人々が平和について考え行動する日です。特に今年は新型コロナウイルスの世界的流行が大きな被害を及ぼしており、 平和の大切さや尊さについてこれまで以上に考える機会となっています。
人を助けることが平和の鍵であり、まわりの人に笑顔で感謝の言葉をかけることは、あなたが想像する以上に人を幸せにする簡単な行動です。9月21日、年に1回ではなく毎日ひとつ小さなよい行いをすることで、私たちは世界をより平和な場所にすることができると思います。と、お話がありました。
英会話の授業では生徒たちが平和へのメッセージを書いており、礼拝堂入り口などに掲示されています。生徒たちのメッセージをご覧ください。

英和女学院 中学校・高等学校

ページトップへ