学院生活
先生日記

HOME > 学院生活 > 先生日記一覧 > 前期終業式

2020.07.31
前期終業式
7月31日、前期終業式が行われました。
讃美歌斉唱、聖書朗読、祈祷の後、校長先生より「どこでもドア」と題した奨励があり、不安な世の中で何が大切なことなのかを英和生と共に求め続け、新しい世界へのドアを開けたいと願っています、とお話がありました。◆校長室だより:前期終業式奨励「どこでもドア」
次に以下の表彰が行われました。
◆ 新体操 県中学校総体代替大会 新体操・女子団体 優勝 <新聞記事
◆バドミントン 県中学校総体代替大会 女子ダブルス第3位
続いて、1年留学から帰国した生徒たちのあいさつが行われました。新型コロナの影響で予定よりも留学期間が短くなってしまいましたが、それぞれの国で得たかけがえのない経験について英語やイタリア語で語りました。また、この貴重な機会を与えてくれた、家族や先生方、支えてくださっている全ての方々に感謝の気持ちが伝えられました。

◆1年留学 <イタリア>高1:1名 <イギリス>高2:1名 <カナダ>高3:3名

礼拝の後、夏休みを前に養護教諭から、手洗い、熱中症を考慮したマスクの着用、3密を避ける、健康観察など、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための「新しい生活様式」徹底するように、詳しく説明がありました。

英和女学院 中学校・高等学校

ページトップへ