学院生活
先生日記

HOME > 学院生活 > 先生日記一覧 > 前期始業式

2020.05.12
前期始業式
5月12日、延期になっていた2020年度前期の始業式が行われました。

本来の規模を縮小し、隣との席の間隔を開けるなど感染予防に配慮した形で、中学2、3年生は午前中に、高校2、3年生は午後に行いました。前日に入学式を行った中学1年生と高校1年生は自宅からZOOMを使ったオンラインで出席しました。

校歌は一節のみ奏楽で行うなど通常の礼拝との違いはありましたが、礼拝堂で行われる久しぶりの礼拝に、生徒たちは平穏な日常を思い出し心を落ち着かせている様子でした。
校長先生の奨励では、困難な時代にはお互いの悲しみや痛みを分かち合い、互いに信頼を深めて乗り越える人間の姿がありました。イエスが「わたしがあなたがたを愛したように、互いに愛し合いなさい」と励まして下さっていることを心に覚え、共にこの困難な時代を乗り越えていきたいと願っています。と、お話がありました。

◆校長室だより 始業式奨励 「わたしは必ずあなたと共にいる」
次に、中学校卒業礼拝、後期終業礼拝で行われるはずだった以下の表彰者の発表があり、式の後に賞状と商品を授与し記念撮影を行いました。

●「静岡英和女学院賞」各学年の成績および人物最優秀の生徒に贈られる。
●「川崎・ミンデモーヤ賞」英語の成績が最優秀の生徒に贈られる。
●「バルモラルホール賞」校内で行われるスピーチコンテストの優秀者に贈られる。
●「セントマーガレット賞」英語イベント等に意欲的に参加したり、英会話の授業に積極的に取り組み、成果を挙げた生徒に贈られる。
礼拝後にも、校長先生と生徒部の先生より伝達があり、毎日の生活と心がけ、オンライン授業の活用と具体的な勉強方法などについて説明があり、休校期間中に愛と奉仕の精神を掲げている英和生として何を大切にしていくべきなのか、あらためて考えてもらいたいと思います。と、お話がありました。

英和女学院 中学校・高等学校

ページトップへ