学院生活
先生日記

HOME > 学院生活 > 先生日記一覧 > 音楽部賛美礼拝

2019.12.10
音楽部賛美礼拝
12月10日(火)音楽部による賛美礼拝が行われました。
最初に聖書を拝読します。
聖書はヨハネの福音書8章12節。新約聖書181ページ。ヨハネの福音書8章12節です。

1曲目は讃美歌112番「もろびとこぞりて」、2曲目は讃美歌第2編129番「ひいらぎかざろう」です。いずれも堀内貴晃さんの編曲で歌います。

3曲目はジョンラター作曲の「The Lord Bless you and keep you」です。旧約聖書民数記
6章24節から26節までの言葉がそのまま歌詞となって歌われています。ぜひ聖書を見ながらお聞きください。旧約聖書221ページ下の段、民数記6章24節から26節です。

最後は讃美歌第2編219番「さやかに星はきらめき」です。この曲にまつわるエピソードを一つご紹介します。1870年のクリスマス・イヴの出来事です。そのころフランスとプロイセンが戦争をしていました。突然、フランス軍の一人の兵士が塹壕(ザンゴウ)から飛び出してこの曲を歌いだしました。するとその歌声に感動したプロイセン軍の兵士が今度は自分たちの国のクリスマスキャロルを歌い、次々と歌が歌われました。両方の塹壕(ザンゴウ)からそれぞれのクリスマスキャロルが流れ、暗黙のうちに24時間の停戦状態になったという実話が残されています。

今もなお世界では戦争が起こり、国内外でも痛ましい事件が起こっていますが、神様はそんな暗闇の世界に救い主イエス様という光を私たちに与えてくださいました。
苦しむ人悲しむ人にイエス様の救いが伝わることを願って歌います。
◆ダイジェスト動画をご覧ください。

英和女学院 中学校・高等学校

ページトップへ