学院生活
先生日記

HOME > 学院生活 > 先生日記一覧 > ニュージーランド・メイプルプログラム

2019.08.09
ニュージーランド・メイプルプログラム
4月26日、メイプルプログラム(5か月留学)に、高2の生徒5名が出発し、現在留学中です。
今年のプログラムは、ニュージーランドのウェリントンにある別々の女子校に一人ずつ留学しています。現地から届いたお便りをご覧ください。

バックナンバー 5月7日~6月10日
バックナンバー 6月13日~7月23日
2019/07/24

◆望月 恵さん

日曜日に新しいホストファミリーのところに移動しました。4歳・3歳・生後10か月の3兄弟がいるので、家の中はとても騒がしいですが、にぎやかで楽しい日々を送っています。私の名前は現地の人からすると聞き取りにくく発音も難しいようなので、最初の数日は1日に何回もホストブラザー達から名前を聞かれましたがやっと覚えてくれたようでよかったです。ホストファザーはとても早口で声も低くてこもっているので聞き取りには苦労していますが、帰国までになんとか攻略できるようにしよう、とリスニングのモチベーションになっています。日本にいるときは誰が話す英語も同じように聞こえていましたが、留学に来てからは訛りや癖がよくわかるようになりました。

家を移動するのは今回が3回目です。出発前はまさか自分がこんなに家を転々とするとは思ってなかったし誰よりも大量の荷物を持ってきたのでその都度パッキングをするのは大変でしたが、今ではすべていい経験だったと思えています。外では英語を話し、家の中では母国語を話すファミリーも多く、また学校ではマオリ語やサモア語の授業も受けたのでこの数か月で英語だけでなく色々な言語に触れることができました。ミニ世界旅行をしているような気分です。それと同時に自分が今までどれだけ狭いコミュニティのなかで生きてきたのか身をもってわかり、自分の価値観もここに来てから大きく変わった気がします。
家を移動する前日、どこにも出かける予定がなかったので花さんを家に呼んで一緒に日本の課題をやってからパッキングを手伝ってもらいました。その日はインドの伝統的な行事の日だったらしく、晩ごはんは近所のインド人の家に私のホストファミリーを含めたくさんのインド人が集まって食事すると聞いたので、花さんと一緒に参加してきました。みんな伝統衣装のサリーを着て、眉間にビンディーと呼ばれる赤い点をつけていました。日本ではカレー以外のインド料理はなかなか食べる機会がないのでお腹一杯食べることができてよかったです。
2週間のスクールホリデーが終わり、月曜日からterm3が始まりました。ホリデー中はとても暇だったのでやっと学校に通えて嬉しいです。ホストファザーが私の通っている学校の体育の先生なので、一緒に車で登下校しています。時間割を変更したのでまだ慣れない点も多いですがその分毎日新鮮な気持ちで過ごせているし、一日が終わるのがあっという間に感じます。
2019/07/28

◆青野 友美さん

今日は坪井さんとロワーハットにあるショッピングモールで待ち合わせをしてOKCの調べ学習を一緒にやりました。
私はウェリントンに住んでいるのでロワーハットまでは少し距離があり、電車で行きます。ですが今日は線路の工事をしていたので、電車の代わりにバスが出ていたのでバスで行きました。
ロワーハットに自分一人で行くのも2回目だったので不安しかなかったです。でも無事家に帰れてよかったです。
私たちが行ったショッピングモールには寿司屋が入っていて、その寿司屋でタコ焼きが売っていたので、たこ焼きを食べました。6個で$6.5と少し高めでしたが$6.5だして食べる価値があったと思います。
2019/07/31

◆坪井 花さん

鬼がつく寒さです。雨の日は脚と手が凍ります。もう2ヶ月きりました…自分がここを離れ友達に会えなくなる感覚がないです…次いつ会えるかわからないだなんて考えたくもないです。日本に帰りたくない。ここにきて大変なことは沢山ありましたが、それを消してくれるくらい毎日学校が楽しくて幸せです;)今はレポートに追われていてとても大変ですが、遊びと勉強を両立して楽しんでおります。最近は前より沢山の子と絡めて、今までいちいち話すのに恥ずかしさを持ってた自分がバカみたいです。笑 楽しさが増える分離れたくなくなるので困ります;)
2019/08/03

◆千装美紗希さん

先日、香港と中国の留学生が来ました。二週間だけの滞在だそうで、50人ほど来て学校全体で歓迎ムードです。

Term3となり授業内容が色々と変わってきました。今日の体育では、フィールドホッケーをやりました。私はホッケーはやったことがなく始めてやりました。NZではサッカーやバレーのように学校の授業で行うスポーツらしくどの子も遊んだことあると教えてもらいました。授業に参加できるか不安でしたが、いざ挑戦してみるととても楽しかったです。試合はコートラインを使わず体育館全体を使い行われたので流れが止まることなく勢いに乗ってやっていました。同じチームになった子たちは全員私より背が高く話すときは常に見上げるので珍しい体験をしたなって思いました。また、試合の前に掛け声も楽しかったです。日本で言う円陣を組んでやるのように手を合わせていぇーい!とか分かりやすいのもあれば言葉になってないのもありました。何回目かの掛け声でアイスアイスと言うときがあったのですが、早口で言うため発音できないでいたらペンギンに変えてくれました。大きな声で言って気合を入れました。最初のころは何となく授業に参加している感覚が強かったのですが今ではどの授業も友達と楽しく授業を受けています。また、この頃今まで話さなかった子たちと話すようになりました。一緒にお昼食べようと誘ってもらうことも多くterm2に頑張って声をかけていた子たちに最近声をかけてもらうので頑張って良かったなと思います。


新しい学期になって学校生活も充実してきて、余裕が生まれてきたのでボランティア二つ始めました。一つはリサイクルショップでのボランティアで、もう一つは日本大使館で行われている日本語教室のアシスタントをするボランティアです。リサイクルショップは学校の近くにあり、放課後週二回お手伝いをさせてもらっています。日本にあるリサイクルショップと違って基本的に非営利団体が運営しています。大きく違うのは、品物を買い取って売っているのではなく、品物は全て寄付されたものでそこでの収益は慈善事業やチャリティー活動のための資金になります。お店で働いている人たちもボランティアです。私がお手伝いをさせてもらっているお店は衣服を主に取り扱っています。忙しくて大変ということはありませんが、することは沢山あり、やりがいを感じています。

大使館でのボランティアは辻さんと一緒に参加しています。日本語がとても上手な方もいれば、学び始めたばかりの方もいて年齢も様々です。日本語と英語が混ざって会話が進むので自分の英語の手助けにもなっていたらいいなと考えています。また、どの方も積極的で分からないことがあれば先生や私たちにすぐ質問します。日本語を勉強している理由は人によって違うのですが、全員が学ぶことに貪欲でとても良い刺激を受けます。

今は毎日が充実していて一週間が短く感じます。留学生活もあと約二ヶ月で終わると考えると寂しいです。一日一日を無駄にしないよう気を引き締め、何事も積極的に頑張ります。
2019/08/07

◆辻 たまきさん

ホリデーが終わり、term3が始まり、もう3週目です。学校には日本人の子1人を含む23人もの新しい留学生が来ました。私のホームステイ先に来た新しい中国人のホストシスターも学年は違いますが一緒に通っています。

先日数学の授業で同じ授業の子が誕生日だったらしく、みんなでバースデーソングを歌ってピザを食べてお祝いしました。ピザは先生が宅配で頼んでくれてみんなでそこから買って食べました。1人で1枚だったので美味しかったですが量が多くお腹いっぱいになりました。授業中にこんなに盛大に誕生日のお祝いをするのは日本ではなかなかないことで楽しかったです。

日本国大使館で日本語教室をやっていてそのアシスタントのボランティアを始めました。月曜日と水曜日の週に2回参加しています。生徒は大人の方が多いですが私と同い年くらいの子や小学生の子もいて様々です。水曜日のクラスは上級者のクラスで私たち日本人にとっても難しいなと思うほどハイレベルなことをやっていますが、月曜日のクラスはbeginnerのクラスなので分からないことなど結構英語で聞かれるのでいい勉強になっていると思います。このボランティアはゲームもするので本当に楽しく、毎週大使館の日は楽しみです。

数学と理科の授業が同じ子に勉強を教えてもらえることになりました。その子はすごく美人で私より年下のはずなのにお姉さんのような感じがして私のお気に入りの子になのでものすごく楽しみですが、それと同じくらいすごく緊張しています。でももっと話せるチャンスだし、このまま日本に帰るのは絶対帰ってから後悔すると思うので、気楽に考えてその子のところに行くことにします。

来週から2週間、やや大きなテストがあります。OKCのプレゼンもあり今は忙しいです。
あと残り三分の一くらいになってしまいました。絶対すぐに帰国日になってしまう気しかしないです。この生活が本当に充実しているので日本に帰りたくないです。

英和女学院 中学校・高等学校

ページトップへ