学院生活
先生日記

HOME > 学院生活 > 先生日記一覧 > 高1グローバルセミナー

2019.07.11
高1グローバルセミナー
7月9日、ベネッセコーポレーションの加納さんを講師にお迎えし、高校1年生を対象に「目の前に広がる海外での学びについて」というテーマで「グローバルセミナー」を開催しました。
まず将来自分がどの分野でどのように世界に貢献したいのか考える必要があること。グローバル人材には、社会人基礎力、外国語でのコミュニケーション能力、異文化理解力・活用力が求められる、というお話がありました。

留学のチャンスを高校時代、国内大学入学後の留学、高校卒業後の海外大進学に分け、それぞれのメリット、デメリットについて説明がありました。また、留学体験後の感想として、自立心・主体性・行動力が身に付いたとの意見が多く、たとえ短期の留学だとしても自分を見つめ直して視野を広げ、人間として前向きになる大変よい機会だということがわかりました。

これからの大学入試には「4技能外部検定」が採用されつつあり、今までの「読む」「聞く」の他に「話す」「書く」というアウトプットする力も求められます。本校には様々な留学制度や自然に英語に親しむ学習環境が整っています。コミュニケーション能力をつけるため恵まれたこの機会を活かし、今後の進学やキャリアの選択肢を増やしてほしいと思います。

<関連記事>
本校のメイプルプログラムでニュージーランドに留学中の生徒たちのレポートをご覧ください。「ニュージーランド・メイプルプログラム

英和女学院 中学校・高等学校

ページトップへ