学院生活
先生日記

HOME > 学院生活 > 先生日記一覧 > 讃美歌コンクール

2018.11.13
讃美歌コンクール
11月7日、5、6時間目に「讃美歌コンクール」 が行われました。
中学生と、高1高2の音楽選択クラスの生徒が参加し、各学年の1位になったクラスが、12月22日に開催する「学校クリスマス」で聖歌隊として参加することになります。また、中学総合優勝も選出。各学年に1名ずつ指揮者賞、伴奏者賞も与えられます。
生徒たちはこの日のために早朝や放課後に時間を作り、クラス全員で練習を行ってきました。

中学2年生は「讃美歌 529 番」(アカペラ)と「All things bright and beautiful 」(二部合唱)、「For the beauty of earth」(二部合唱)のどちらか2曲を歌い競いました。どのクラスも気持ちを歌詞にのせ清らかな歌声を披露。これまでの限られた時間で行われた練習の成果を、精一杯発揮しました。
中学1年生は「讃美歌 529 番」(アカペラ)と「The Lord bless you and keep you 」(二部合唱)の2曲で競いました。初めての讃美歌コンクールに英語の歌とあって大変緊張している様子が伝わってきましたが、各クラスとも心をひとつにしタイミングや発音を意識して、初々しい歌声を礼拝堂に響かせました。
教職員聖歌隊と音楽部による合同合唱も行われ、「讃美歌529番」(二部合唱)を披露。普段聞くことのない先生方の歌声に、生徒たちから大きな拍手が起こりました。
中学3年生は「讃美歌 529番」(アカペラ)と「For the beauty of the earth」(三部合唱)の2曲で競いました。中学最後のコンクールとあって、朝、昼休み、放課後に時間をつくり一生懸命練習。、コンクールに懸ける思いもひとしおです。どのクラスも音の強弱やハーモニーのバランスなど細かい点に丁寧に気を配り、賛美の心を持って素晴らしい歌声を披露しました。
最後に高1、高2の音楽選択生の合同合唱があり、以下の2曲を披露しました。「All things bright and beautiful 」(二部合唱)、「The Lord bless you and keep you 」(三部合唱)。学年が違うためなかなか合同練習の時間がとれなかったそうですが、息の合った美しい歌声を披露してくれました

音楽の先生で審査委員長の福井先生から、審査方法は声の大きさや発声の正しさ、響きの長さや音程など技術的な事はもちろんですが、何よりも大事なのは聞いてくださる神様にこの歌を届けたい、また保護者や先生方、友人にこの言葉を聞いて欲しいという気持が大事であること。またクラスがひとつになっているという事も審査の対象になっているとお話がありました。
審査結果:各学年の1位は、中1 C組、中2 C組、中3 B組。総合優勝は中学3年B組でした。

残念ながら入賞できなかったクラスも今回の経験を通して絆が強まり、毎朝の礼拝で歌っている讃美歌に対する思いが深まったのではないでしょうか。入賞したクラスは12月22日(土)に開催する「学校クリスマス」に向けて更に磨きをかけ、素晴らしい歌声を披露してください。
★ 「讃美歌コンクール」のステージをダイジェスト映像でご覧ください。



https://youtu.be/yBKXJD171nY
保護者の皆様からいただいたご感想の一部を掲載いたします。

●初めての讃美歌コンクール。英語で歌ったりと大変苦労していましたが、とても素敵な歌声でよかったと思います。クラス皆でつくりあげた結果がとてもあらわれていました。来年もききたいです。

●どの学年も練習の成果を出せた歌声だったと思います。学年が上がるにつれて素敵な演奏になっていて、毎年楽しく聞かせていただいています。

●全体にまとまりがあり、響く声でした。中3はやはり上手で音もしっかり合っていました。凄くよかったです。神様に届く歌声でした。

●英和に入学して初めてのコンクールでした。毎日の練習では意見がまとまらすにケンカしたりと、大変な様子を聞いていました。今回の本番を聞いて、努力が報われたのではないかと思い感激しました。

●他校には無い、とても感動的な讃美歌コンクールでした。

●どの行事も一生懸命に取り組む英和生を見て、とても嬉しく思いました。

●学年が上がるにつれ発音もしっかりしてハーモニーもきれいになっていました。高校の芸術選択生は、お姉さんの色がついてきて良かったと思います。

●きれいな歌声に心が洗われました。見に来ることが出来て良かったです。娘の姿を見て英和で学べてよかったと思いました。

●中学3年の保護者です。3年間毎年「讃美歌コンクール」を鑑賞させていただき、子供達の成長を感じることが出来ました。当日までに毎日色々なぶつかり合い、話し合い、認め合いがあり、これも成長する機会となっていると親として感じております

英和女学院 中学校・高等学校

ページトップへ