学院生活
先生日記

HOME > 学院生活 > 先生日記一覧 > 留学生便り

2017.05.11
留学生便り
カナダの姉妹校「バルモラル・ホール・スクール」に留学中の、高2の小杉さんより届いた留学報告を掲載します。月1回のペースで現地よりお便りが届きますので、お楽しみに♪
こんにちは。4月のカナダでの生活を報告させていただきます。

春休みが終わり、また学校が始まりました。次に長期休暇に入る時はもう日本に帰るのだと思うと、時の経つ早さに驚かされます。
今月は、2回程雪が降りました。ウィニペグの寒さにはもう慣れたつもりでしたが、雪も溶けて、そろそろ春が来るかなという時にいきなり降ったので、とても驚きました。今はもう暖かくなり、お花も咲き始め、だいぶ過ごしやすくなってきました。

イースターの日に、エッグハンティングや、ゆで卵に絵を描いたり色を付けたりしました。英和でイースターの準備をしていた時のことを思い出し、懐かしい気持ちになりました。毎年学校で祝っていたことなので、今年も変わらず祝うことが出来て良かったです。

また、寮のアクティビティとして、ディズニー映画「美女と野獣」の実写版を観に行きました。公開される前からとても気になっていたので、観に行くことができてよかったです。しかし今回は、映画を観るうえでいつもと違う点がありました。それは、英語ということです。もちろん、今までに何度も洋画を観たことはありますが、初めて観る映画を字幕なしで観たのは初めてでした。観始めるまで、しっかりと聞き取ることができるか不安でしたが、自分が想像していたよりも内容を理解することができ、私の周りの人たちが笑ったシーンで自分も自然と笑っていたりと、自分の英語力の伸びを実感することが出来た1日で、とても嬉しかったです。
BHでは、学年末に向けてだんだんと忙しくなってきました。5月には、年に一度の大きなテスト、プレゼンテーションの発表、音楽の授業のコンサートなどがあります。留学生活のラストスパートとして、最後まで全力で頑張ります。
小杉 雅


★ 留学生便りバックナンバー 9月10月11月12月1月2月3月

英和女学院 中学校・高等学校

ページトップへ