学院生活
先生日記

HOME > 学院生活 > 先生日記一覧 > 学校クリスマス

2016.12.22
学校クリスマス
12月21日(水)学校クリスマスを迎えました
14:00より生徒の部、17:30より一般の部が行われました。
ハンドベルクワイア演奏による「Lo, How a Rose E’er Blooming」 の清らかな音色が礼拝堂に響き渡った後、キャンドルを持った聖歌隊が讃美歌「あめにさかえ」を歌いながら、ゆっくりと礼拝堂に入場する様子は大変美しく、神聖な雰囲気に包まれます。
聖歌隊のメンバーは、11月に行われた讃美歌コンクールで各学年の1位になったクラスの生徒たちと、中3~高2の有志、音楽部で、「The Lord Bless You Are Keep You」「Once In Royal David’s City」「In Dulci Jubilo」などを披露。その美しい歌声に凛とした空気が漂いました。
続いて、演劇部による降誕劇「おめでとう、恵まれた方」が行われ、クリスマスの雰囲気を一層盛り上げました。キャンドルサービスではハンドベルクワイアが、「O Holy Night」を演奏。
来場者一人ひとりの持つキャンドルに火が次々と灯されていき、礼拝堂の中があたたかな灯りで満ち溢れました。
今年は説教者に捜真バプテスト教会牧師の小野慈美先生を迎え、生徒の部では「神様からのラブレター」、一般の部では「神様の片思い」というタイトルでメッセージをいただきました。
最後に、来場者も一緒に賛美するヘンデルの「Hallelujah・ハレルヤは圧倒的な迫力で、すべての人の心を揺さぶり、感動の内に学校クリスマスは終了しました。
お越し下さったみなさま、ありがとうございました。

英和女学院 中学校・高等学校

ページトップへ