学院生活
先生日記

HOME > 学院生活 > 先生日記一覧 > 2016 Maple Program  「メイプル便り」

2016.08.20
2016 Maple Program  「メイプル便り」
4月3日より高2の生徒が、メイプルプログラム(カナダ5か月留学)に行っています。
このコーナーでは、現地から届いたお便りをお伝えしています。

●バックナンバー
4月8日~5月30日「2016 Maple Program
6月3日~7月25日「2016 Maple Program
● 8月5日 ●

金曜日の放課後から日曜日まで、ホストファミリーといっしょにキャンプへ行ってきました。私のホストファミリーはブータンの家族なので、ブータンの人やチベットの人の約40人ほどの大人数でした。同い年くらいの子もたくさんいたので嬉しかったです。まさきさんとまなかさんのホストファミリーもブータン人なのでその2人もいっしょでした。

海辺でやったことと、雨がふっていたことでとても寒かったです。やはり、雨はキャンプには適していなく、テントが雨漏りして荷物が濡れてしまったりしました。また、夜中に波の音が怖く寝付けなかったりと大変なことがたくさんありました。
しかし、みんなでキャンプファイヤーを囲み夜中まで音楽に合わせおどったり、テントの中でカードゲームをしたり、料理の手伝いをしたり、海辺であそんだりする中でたくさんの人と関わることができて、とても楽しかったです。

木曜日には、アクティビティでBeiber Lakeへ行きました。水がきれいではないので、中国の子はひとりも水に浸かろうとしなかったのですが、Maple Girlsはお互いに水の中にひっぱり合いスイミングを楽しみました。みんなタオルも服の替えも持ってきていなかったので帰り際は苦労しましたが、久しぶりに小学生に返ったように遊ぶことができて、とっても楽しかったです。
SMSの友達と過ごす時間もホストファミリーと過ごす時間もどんどん減っています。あとわずか1ヶ月です。1日1日を大切にしていきたいです。

石川ひなのさんより
● 8月9日 ●

毎⽇授業のあとに⾊々なアクティビティをしています。⽕曜⽇は⾃分の選んだお⽫やコップに模様を描いたりデザインをしました。私はコップをデザインしました。2 時間くらい休憩なしにやっていたのでかなり疲れましたが結構楽しく良い思い出が出来ました。
後⽇焼きあがった⾃分の作品が届くので楽しみです。
また⾦曜⽇にはアーチェリーをしに⾏きました。学校から⾞で移動するときに綺麗な景⾊が⾒えたのでみんなで記念撮影をしました本当に湖の⽔が澄んでいてとても綺麗でした。カナダは⾃然に恵まれた素敵なところだと改めて感じました。
学校からアーチェリーの体験場までかなり距離がありましたが。アーチェリーの体験場についてからお昼ご飯を⾷べ早速体験してみました。今までアーチェリーをやったことがなく初めての経験でした。初めは的に当てるのはかなり⼤変で全然違う⽅向に⾶んでいってしまったり、⼸が全然⾶ばなかったりしました。⽮を放つ回数が多くなっていくうちにだんだん慣れてきて、的に当たる回数も増えてきました。メイプル⽣の中で的のど真ん中に命中させるなど、短時間でかなり上⼿になった⼈もいました。
毎⽇違うことするのでこちらでしか出来ない体験が出来てとても楽しいです。
カナダも最近は天気もよく⽇差しが強くなってきました。バスの中は凄く冷房が効いていて、正直寒いです。
休⽇は友達とダウンタウンに⾏ったりして過ごしています。今週はバスカーズフェスティバルという静岡の⼤道芸のようなフェスティバルが⾏われていたので⾒に⾏ってました。静岡の⼤道芸のようには⼤きいフェスティバルではなかったですがとても楽しめました。お昼は友達とBlue fish Red fishというフィッシュアンドチップスのお店に⾏きました。ヴィクトリアではかなり有名なお店で沢⼭の⼈が並んでいました。私はタコーンズというサーモンとサラダのタコスを⾷べました。このお店ではタコーンズも有名らしく私の前に並んでいたお客さんも注⽂していました。とても美味しかったです。次はフィッシュアンドチップスを⾷べてみたいです。
帰国まで残り約⼀ヶ⽉となりました。もうすぐsms の⽣徒のサマースクールが終わり私たちメイプル⽣だけとなります。sms の友達が⾃分たちの国に帰ってしまうのはとても悲しいですが残り⼀ヶ⽉の⽣活が充実出来るよう頑張りたいと思います。

松下萌恵佳さんより
● 8月9日 ●

8月に入り、サマースクールの中国人の生徒も帰国し、とうとう英和生だけのサマースクールがスタートしました。今月の午後のアクティビティは、ほとんど自分たちで行きたい所を決めて予定を立てたので楽しむな事が盛りだくさんです。今日のアクティビティは朝からで大きな橋のある所と、レイクに行きました。
とても綺麗な所でたくさん思い出の写真を撮りました。ビクトリアにはたくさんのレイクがあり、サマースクールに入ってからすでに何回か泳ぎに行きましたが、今日行ったレイクはとても水が綺麗で気持ち良かったです。来週はいよいよ待ちに待ったVancouverTripです。まだバンクーバーに行ったことがないので楽しみたい思います。

受験サプリが一通り終わったので二回通り目をやっています。とくに世界史は夏休み明けのテスト範囲にもなっているので丁寧に学習したいです。

昨日はLaserTagに行きました。初めての体験だったのでどんな感じなのかととてもワクワクしてました。まず2チームに分かれて一人一人ニックネームを決め、暗闇の中で撃ち合いをしていきます。映画の中にいるような感覚になり皆とても楽しむ事が出来ました。
私は、優希さん、韓国人の大学生のハユンと一緒にホームステイをしています。夕食のあとなどにお互いの国についてお話ししたりしています。この前はお互いの国の言語を教え合いました。韓国語には日本語にはない発音があったりするため、発音するのがとても難しかったです。ですが教えあう事により、英語の勉強にもなっています。そして、私のホストマザーはロシアの方なのですが、英語の発音がネイティブの人並みに綺麗で、いつも夕食の時に私たちの英語力を伸ばすためにいろいろな質問をしてくださったりして、必ず英語を話す機会を与えてくださるのでとても勉強になっています。
このプログラムでは 英語のみにならず 同じアジアの国々、中国や韓国の友達もできて言語や文化に興味が持てました。今後大学生になった時に、アジアの国々についてもっと詳しく学び話せたらいいなと言う、新たな目標もできました。

プログラムも残り2週間、参加させて頂いた日本の家族、先生方はもちろんですがプログラムに携わって頂いたカナダの先生方もやスタッフのみなさん、ホストマザー、一緒に勉強したメイプル生、他国の友人達に感謝します。
この経験を大学入試や今後の人生に生かして行きたいと思っています。そして後輩たちにもメイプルプログラムで培った経験を伝えられたらと思います。

加藤萌衣さんより
● 8月18日 ●

サマースクールが始まって約1ヶ月が過ぎました。Ms.Blackeyはとても優しい先生で私たちに英語を話す時間をたくさんくれます。難しい内容の時でも1つ1つ丁寧にわかるまで教えてくださるので熱心に取り組みことができる環境です。アクティビティはMs.Hanaと一緒にいろんなことをしています。8/8はVancouver Trip. たくさん買い物をしていい1日でした。朝7時のフェリーで行ったのでとても疲れました。

8/10にはロッククライミングをしました。初めてだったのでとてもワクワクしていましたが思った以上に高くとても怖かったです。
週明けにはキャンプに行くのでとても楽しみです。
私はホームステイ先にきて約3ヶ月なります。今はもうその一家としてみてくれているので毎日、学校での出来事を夕食の時間に話したり、ホストシスターとビデオをみたり、ホストマザーと買い物に行ったり、ホストファザーとバスケをしに行ったりたくさんのことをしています。
先日、ホストファミリーとPete’s Dragonを観に行きました。字幕もなかったのでしっかりと内容がわかるか不安でしたがとても感動しました。日本でまだ公開していない映画だったので少しわくわくしました。
毎週ホストファミリーとホームパーティーを開いたり、行ったりします。たくさんの子供達がいるので一緒に喋ったり、トランプをしたりして遊んだりしています。それも今週末で終わってしまうのはとても悲しいです。
ホームパーティーにいつも来ている人たちと7/30.31.8/1とキャンプをしました。カナダに来て初めてのキャンプで、自分でテントを張ったりしました。たくさんの子供達とバレーをやったり鬼ごっこをやったり、踊ったりしましたキャンプファイアーの周りでみんなでたくさん話したりとてもいいキャンプでした。
たくさん一緒に出かけてくれるホストファミリーなのでとっても楽しいしカナダでしかできない体験もたくさんできているのでいい経験をさせてもらえてます。
このmaple programも残すこと1週間になりました。あっという間の5ヶ月でしたがいい経験をたくさんして英語力もついてきたと思いました。残りの1週間頑張りたいです。

増田頼奈さんより
● 8月19日 ●
さて、いよいよメイプル便りも最後となりました。このプログラム期間の中で学んだ事は私たちの一生の宝です。これまでに出会った人との交流、体験をこれからの糧としていきたいです。

今週は月曜日火曜日でメイプルプログラム生でキャンプに行きました。朝早くから集合し、買い出し、昼食の準備やテント張り。全て自分たちの力で協力しこの2日間をとても有意義なものにできました。火曜日の朝から作って食べた温かいカレーはとても身に染み、ここまでの振り返りをすると涙が出そうでした。

水曜日の午前中は英語の授業が最後でした。ブラッキー先生にはこの2ヵ月間とてもお世話になり、毎日楽しい時間を過ごすことが出来ました。留学にお別れは付き物ですがやはりとても悲しかったです。さらにはアクティビティの先生ともお別れでした。この1ヶ月を共に過ごし、沢山の思い出を積み上げてきました。中でもキャンプは一番の思い出になりました。彼女がいなければできなかったことも沢山あります。カナダの先生方の偉大さをここでも感じ、人間としても成長することのできたプログラムでした。

親元を離れての生活は簡単なものではありませんでしたが、カナダに来てから出会った沢山の方々に助けられて今日ここまで来ることが出来ました。私たちが出会ったのは東アジアの人が多く、とても良い人ばかりでした。宗教や文化の違いを学ぶ良い機会ともなりました。沢山の事を吸収できたこのプログラムは決して楽しかった思い出ばかりではありませんでした。時には衝突が起こることもありました。しかしこの留学が今この最後まで迎えられたのは、やはり家族や先生方、沢山の支えがあってこそです。私は、自分が得ることができたものを最大限に活かすことでここまで支えてくださった方への恩返しができるのではないかと思っています。今まで本当にありがとうございました。

桃北優希さんより
● 8月20日 ●

英和生は全員無事に帰国しました。セント・マーガレット・スクールの制服を着ていたので、空港でオリンピック選手と間違われてカメラを向けられたそうです。
9月10日(土)に行われる文化祭「英和祭」では、メイプルプログラムの展示や発表を行いますので、ぜひ見に来て下さい。

英和女学院 中学校・高等学校

ページトップへ