学院生活
先生日記

HOME > 学院生活 > 先生日記一覧 > 留学生便り 9月

2015.09.23
留学生便り 9月
こんにちは。今月のカナダでの生活についてご報告させていただきます。
今月は、9月16~18日に2泊3日の学校のキャンプに行きました。このキャンプは、毎年行われる学校の大きな行事の一つです。学校が始まってすぐに行われるので、友達作りのきっかけにもなります。今年は特に、エルムウッドスクールが創立100周年を迎えるため、とても盛り上がりました。
キャンプでは、アーチェリー、ハイロープ、パドルボードなど初めてのことをたくさん経験できました。特に湖で行ったパドルボードは、友達と2人で行い、バランスをとるのが難しく、何度か落ちて、たくさん笑ったよい思い出です。他にもキャンプファイヤーでキャビンごとに出し物を考えて発表したり、様々なゲームをしました。私のキャビンは12人の大きなキャビンだったので、たくさんの人と関わることができました。


私はthe polar bear dipというイベントにも参加しました。朝の6時45分に希望者が集まり、みんなで一斉に湖に飛び込みました。100周年ということで、100人の生徒や先生が参加し、とてもおもしろかったです。挑戦してみてよかったです。
キャンプは3日間とも良い天気に恵まれ、とても素敵な思い出になりました。
学校生活は、日本の学校とは異なる点が多く、毎日様々な発見があり楽しいです。日本のことに興味を持ってくれる生徒もいて、「日本語でHello! は何て言うの?」などと話しかけてくれるので、嬉しいです。日本のアニメやマンガに興味を持っている生徒もいます。
また、私はフィールドホッケー、インターナショナルクラブ、Big Sisters というクラブに参加しています。クラブを通して、学年の違う生徒とも関わることができ、楽しんでいます。
また、休日にはホストマザーがいろいろなところに連れて行って下さいます。サイクリングをしたり、モントリオールにも連れて行って下さいました。さらに、9月の中頃からコロンビアから英語を勉強しに来た方が、一緒にステイすることになりました。お互い違う言語を持っているので、コミュニケーションをとるのは少し大変ですが、とてもよい交流ができています。Grasias(Thank you)などスペイン語も少し教わりました。
来月の活動も楽しみです。

英和女学院 中学校・高等学校

ページトップへ