学院生活
先生日記

HOME > 学院生活 > 先生日記一覧 > 留学だより 11月

2019.11.27
留学だより 11月
カナダにきて、もうすぐ3カ月が経とうとしています。日本では紅葉が見頃のようですが、こちらは葉がほとんど散ってしまって、すっかり冬です。11月になってから毎日10度程度の気温で、季節の変化の速さに驚いています。

10月は大きなイベントが2つありました。
一つは10月14日にあった「Thanksgiving Day」です。
「Thanksgiving Day」はカナダとアメリカの祝日で、簡単に表現すると収穫感謝祭です。アメリカでは毎年11月の第4木曜日ですが、カナダでは10月の第2月曜日です。家族や親戚が集まり、ご馳走を食べてゆっくりするのが一般的な過ごし方のようです。日本でいうお正月のような感じです。この日には七面鳥やパンプキンパイなどを食べます。

私のホームステイ先では、一足早く日曜日にお祝いをしました。私達の住んでいる家に、ホストファミリーの親戚が集まり、楽しい時間を過ごしました。ホストマザーに「No Diet.」と言われてしまったので、ホストファザーのお母さんが焼いてくださった七面鳥を食べたり、フィリピン料理を心ゆくまで堪能しました。
もう一つのイベントは、日本でもおなじみの「Halloween」です。
私達の通っている学校では、ハロウィンのある一週間は「Spirit Week」という日ごとに特別な服を着る週になっていました。月曜日は「PJ Day」、火曜日は「Jersey Day」、水曜日は「Decades Day」、木曜日は「Halloween Costume Day」、そして金曜日は「VSCO and FRAT Boy Day」でした。それぞれが何の日か、どんな格好をするのか調べることで少し勉強にもなりました。個人的には90、80年代などの格好をする「Decades Day」が一番楽しかったです。これらの日々で、クオリティの高い衣装の生徒がたくさんいました。買っているのかと思いきや、手作りしている人がほとんどのようで、とても驚きました。それほど「Halloween」が愛されているのかと実感しました。

また「Halloween」の夜はホストファミリーの子供と一緒にTrick or Treatに行きました。始めは高校生が行ってもいいのかと不安でしたが、どの家も親切に迎えてくれて、心が温まりました。しかし、10月の夜を軽視していたため、後半は寒くてたまりませんでした。それでも楽しめたので良かったです。お菓子は全部で116個もらいました!

その他10月は、ホストファミリーにHatley Castleという、映画「X-MEN」シリーズでも使用されたお城に連れて行ってもらったり、所属している留学会社でのボランティア活動に参加したりしました。また、自分で家の近くの山や公園を散策したり、学校でChina TownやCorn Mazeへフィールドトリップしたりしました。すごく仲の良い友達もでき、想像していたよりも充実した日々を送っています。  
11月のイベントについては、また次の機会に書きたいと思います。
英語は最近になりようやく聞こえるようになってきたような気がしています。自分の言いたいことも少しずつですが主張できるようになってきたと思います。もっと英語を練習したいのですが、学校はあと4週間で冬休みに入ってしまいます。できるだけたくさん会話をして、冬休みも何かしら活動をしたいと思っています。
★バックナンバー 1年留学スタート留学だより10月

英和女学院 中学校・高等学校

ページトップへ