学院生活
先生日記

HOME > 学院生活 > 先生日記一覧 > ニュージーランド・メイプルプログラム

2019.05.23
ニュージーランド・メイプルプログラム
4月26日、メイプルプログラム(5か月留学)に、高2の生徒5名が出発しました。
今年のプログラムは、ニュージーランドのウェリントンにある別々の女子校に一人ずつ留学しています。これから現地から届いたお便りを紹介していきますので、お楽しみに。
ニュージーランドの首都ウェリントン(Wellington)
2019/05/07

◆青野友美さん
友美さんはWLG East Girls College にCaroline Francis さんのお宅から通います。
ホストファミリーや中国からの留学生がいろいろ助けて下さるそうで、問題なく過ごしているとのことです。

◆坪井 花さん
花さんはSacred Heart College です。Dolstraさんご一家にお世話になっています。とても優しく、楽しいご家族でいつも笑っているようです。
勇気を出して声をかけたお友達とお昼を食べたとのこと。Go for it!
仲良しになった友達との写真を送ってくれました。
◆千装美紗希さん
Magee & Johnson Family からSt. Catherine’s College に通います。夕食がいつも豪華!だそうです。必ず食事の感想を聞かれるそうなので、英語力を試す機会と捉えて表現を考えているとのこと。素晴らしいですね。
2019/05/07

◆辻 たまきさん

NZに来て早いもので2週間目になりました。学校や日本とは違う文化の生活にもだんだん慣れてきたと思います。今はNZはすごく寒いです。私のホストファミリーはアジア系のホストマザーとホストファザーと韓国からの留学生が1人いて、みんな本当に優しくて本物の家族のように感じます。家はとても居心地がよく、毎日楽しく過ごしています。

学校はWellington Girls College という学校でWellingtonの街中にあり、私は韓国の留学生の子と一緒に電車で通っています。学校にはbaddyがいて毎日一緒にlunchを食べています。学校内も案内してくれました。たくさん話しかけてくれて本当に嬉しいのですが、早すぎて聞き取れなくて何回か言ってもらう時もあり分からないと悔しいです。もっとたくさん話せるように頑張ります。宿題は日本に比べて少ないです。

土日はホストファミリーがWellingtonの海やいくつかの山、ガイドブックなどによく載っているケーブルカーとWellingtonの景色を一望できる場所など色々なところに連れていってくれます。中でも最も印象的だったところは日本にはないライブ会場みたいな教会です。若い人たちがたくさんいて、ステージがあり、ステージには大学生くらいの人たちがギターやドラムを演奏し会場にいる人たちと共に讃美歌を歌っていました。説教も大統領の演説みたいで教会だとは思えないところでした。初めて行ったのでよく分からなかったこともありましたがここの教会ならではのよさがあり、また行きたいです。ホストファミリーがクリスチャンなので毎週日曜日は教会に行っていて、今度日本と同じスタイルの教会に一緒に行く予定です。まだまだ全てが上手くいって納得できることばかりではないですが、この5ヶ月間の留学生活がより良いものとなるように日々努力していきたいと思います。
ホストシスターの韓国からの留学生と
2019/05/21

◆千装美紗希さん

もうすぐで一か月が経ち、ようやくこちらの生活に慣れてきました。ごはんが毎日美味しくてごはんのことだけ考えるなら帰りたくないです。ホストファミリーにも馴染んできたように感じ、最近では私に冗談を言ってくれたりします。

学校では前より聞き取れてきたと自信がつく出来事もあれば、現地の子と会話が出来なくて嫌に思うこともあります。毎日色んなことがあり一日がとても充実しています。
また、お昼にお寿司を食べたり箸を使って食べたりする子も多く、街にも日本食の店や日本語をよく見かけます。

英和女学院 中学校・高等学校

ページトップへ