学院生活
先生日記

HOME > 学院生活 > 先生日記一覧 > てんかん啓発パープルデー

2019.02.14
てんかん啓発パープルデー
2月12日(火)、午後5時45分から静岡市旧市庁舎西側(鏡池広場)で行われた世界てんかん啓発「パープルデー」静岡市旧市庁舎ライトアップセレモニーにハンドベル部が出演しました。
パープルデーは、てんかんに対する偏見やスティグマ(ネガティブなレッテル)をなくすための啓発活動の一環で、毎年3月26日がパープルデイとして定められています。静岡市でも、静岡てんかん・神経医療センターが静岡市役所、静岡欅ライオンズクラブと協力して、旧市庁舎を紫色でライトアップして、啓発活動を進めています。ライトアップセレモニーでは、ハンドベル部21名がが4曲演奏し、イベントに協力しました。この日は寒波の影響で、演奏する手がかじかむ中で、高校2年生が引退し、高1をリーダーとする新体制で演奏に臨みました。

~このイベントとハンドベル部の演奏については13日(水)の中日新聞静岡版、14日(木)の静岡新聞に写真付きで掲載されました。~※こちらでご覧になれます。

英和女学院 中学校・高等学校

ページトップへ