学院生活
先生日記

HOME > 学院生活 > 先生日記一覧 > 学校クリスマスに寄せて

2016.12.22
学校クリスマスに寄せて
学校クリスマス」の様子をダイジェスト映像でご覧ください。

★ お越しになった皆様からの声をお伝えします。
英和の教えは卒業してから年々じわじわと根っこのほうから芽を出し、葉が出て・・・と中年になる辺りで実ることを実感するところです。神の名のもとに、日々幸せです。ありがとうございます。
勝見道乃

最近は毎年、学校クリスマスに行かせて頂いています。卒業してから何十年も経ちますが、年に一度自分のことをわかってくれる母校に帰ってくることができ、こんなにステキな場所・ホームがあることは本当に幸せです。神様に感謝の気持ちでいっぱいです。
木村和美

素敵なクリスマス会に参加させていただき、ありがとうございました。英和の良さは一生の友とめぐり会えること。先生(恩師)とのつながりが卒業してからもずっと続くことです。外から見ても品があり、華やかさやしなやかさがあります。英和の卒業生でよかったと心から思います。本日はありがとうございました。
麻生智子

ステキな6年間を過ごしました。先輩、後輩、同級生、恩師に感謝しています。戻ってくると、いつでも自分の原点を思い出させてくれる、まさに“母校”です。良い意味で変わることのない“英和”でいて下さい。
早川陽子

私は英和の卒業生です。毎年、神聖な気持ちを味わいたくて学校クリスマスの礼拝に参加させていただいております。しばし、日常の雑多な煩わしさをわすれて清々しい気持ちになります。卒業してから30年以上が経ちましたが、英和での6年間は私にとって本当にかけがえのない時間だったと改めて感じる今日この頃です。
H.S.

私が英和生だった頃のクリスマス礼拝に、ここ数年毎年家族と共に参加させて頂き、一年の無事を感謝しています。クリスマスの讃美歌を今、私の横で小一の娘が喜んで歌ってくれていることに、幸せを感じます。変わらない英和でいてくれてうれしいです。
K.A.

東京の東洋英和で12年間過ごしまして、3校交歓会でン十年前にこちらへうかがったこともあります。長い年月を経ても、礼拝堂などの雰囲気は私の母校とほとんど変わらず、懐かしさで涙が出そうになりました。浮かれ騒ぐ世間のクリスマスとは違う、厳粛だけど温かさに包まれた本当のクリスマスを、幼稚園生の娘に見せてあげたくて連れて参りました。

英和女学院 中学校・高等学校

ページトップへ