学院生活
先生日記

HOME > 学院生活 > 先生日記一覧 > 2016 Maple Program  「メイプル便り」

2016.07.25
2016 Maple Program  「メイプル便り」
4月3日より高2の生徒が、メイプルプログラム(カナダ5か月留学)に行っています。
このコーナーでは、現地から届いたお便りをお伝えしています。

●バックナンバー
4月8日~5月30日までの便りはこちらをご覧ください。「2016 Maple Program
● 6月3日 ●

ホームステイに変わってから約3週間になりました。私のホストファミリーには3姉妹のとても仲がいい子供達がいます。はじめは寮と違った生活になれず部屋にこもりがちでしたが、2番目のの子がたくさん話しかけてくれて徐々に慣れてきました。今では夕食の後にウォーキングに行ったり、1日の出来事を話したり、たくさんコミュニケーションを取ることができています。毎週末、ホストファミリーの友達とホームパーティーをしています。いろんな国の方々と話せることができるのでコミュニケーション力が上がってきました。自分と同じくらいの歳の子と趣味について話したり、自分の国について話したりして仲良く交流しています。
6月3日にDramaの授業で「鶴の恩返し」を幼稚園の子供達に披露しました。約1ヶ月という限られた時間の中で1人1人の配役、セリフ、動作、衣装までLeavitt先生の指示に従いながら1つの作品を完成し披露することができて良い経験となりました。思いのほか子供達が興味を持ってくれていたので、やりがいがあったし、全部終わったあとは達成感がありました。
Summer brakeになるまで残り23日にになりました。現地の生徒はsummer schoolに出る子以外は自分の国へ帰ってしまうので会えなくなってしまいます。それまでにたくさんコミュニケーションをとりより充実した生活を送れるようにしていきたいです。そしてこのメイプルプログラムも残り2ヶ月半です。この限られた時間の中で自分がどれだけ成長できるのか、どれだけ自立できるのか。悔いが残らないように2ヶ月半頑張ります。

増田瀬奈さんより
● 6月10日 ●

この頃は日中でも寒い日が続いていましたがやっと暖かい日が戻ってきました。
寮を出るとリスがいたり、スクールバスの中では英語、スペイン語、中国語や日本語が飛び交っていたりと日本にいては体験できないことが沢山あり毎日刺激的で楽しい生活を送っています。
先日私は友人とOak Bay Beachという場所にでかけました。海がとても綺麗で空気もとても澄んでいて気持ちのいい場所でした。機会があればもう一度行ってみたいです。こちらでは夜の9時を超えた辺りから暗くなり始めるため夜の8時くらいでもこの明るさ。とても過ごしやすいです。
楽しむばかりではなく毎日学校の宿題が沢山出ています。寮では毎日2時間勉強時間が確保されており、勉強時間が終わったらチーズサンドイッチを食べるのが毎日の日課になっています。
こちらでも数学や社会などの授業を選択することができ、私は数学を選択しているのですが長い問題文を辞書なしで解くのはとても大変です。宿題もプリントと教科書からと両方出ているのですが教科書の厚さはだいたい百科事典くらいで日本の数学の教科書と比べ物になりません。
社会の授業でも、メイプル生全員プレゼンテーションに向けて励んでいます。人前に立ち英語で話すということがいかに大変で重要なことなのか身をもって体験しています。

異国の地で暮らすということはとても大変ですが、寮でのアクティビティがあったりと毎日をとても楽しく過ごしています。誰もがこのような体験をできる訳では無いので今いるこの環境を大切にこれからも沢山の事を吸収したいと思います。
桃北優希さんより
● 6月13日 ●

先週の土曜日に寮からホームステイにかわりました。一カ月半過ごした寮を離れるのはとても寂しかったですが、ホストファミリーがとても親切で私の聞き取りずらい英語にもちゃんと耳を傾けて、とても楽しく充実した日々を送っています。まだホームステイに変わったばかりで戸惑うことも多いですが少しずつ慣れていきたいです。先週の休日にはホストファザーお父さんの誕生日パーティーに呼んでもらいました。誕生日ケーキが甘くて食べるのが大変でした。
私は毎週日曜日には乗馬クラブに参加しています。初めは何もわかりませんでしたが徐々に慣れてきました。よくわからなかった単語もだんだん理解出来るようになってきてとても楽しいです。日本で経験出来ないことにもっと挑戦していきたいと思います。
カナダにいることができるのも残り約90日間となりました。日本から来る前の自分と帰った時の自分が変わっているようより努力していきたいと思います。

松下萌恵佳さんより
● 6月17日 ●
終業式が近づいてきて 最後の授業が増えて来ました。
ほとんどの授業がパーティーでした。今まで一緒に受けてきた生徒達と教えてくださった先生と
お菓子を食べたりしながら文化の話をしたりしました。
8時30から12時まで終業式でした。(Closing ceremony)
学期末ということでこの一年でたくさんの良い成績を残した生徒達の表彰をしていました。
各教科での成績やクラブの成績などの表彰がたくさんありました。
一部の子だけではなくみんな色々なところで活躍していているんだなと思いました。
この終業式が終わり普段の授業はなくなりテストが始まります。
今日で普段の学校生活の体験は終わってしまいました。

振り返ると日本の授業とは違いたくさんのプレゼンテーションをしたり最後の授業ではパーティーをしたり毎日とても新鮮でした。そしてSMSの生徒達はみんな一人一人個性を活かしていて興味を持ち一緒に話していた時もとても笑って楽しく会話することができました。

後から寮生活になりましたが寮でしか体験できないことをたくさんしてきました。
キッチンで料理をしたり、現地の寮生活をしている友達の部屋に遊びに行ったりしました。
とても楽しいです。私のルームメイトは中国人のGrade9の子なのですが明るくてとても優しいです。寮母さんもとても良い人です。これからまたホームステイになります。怖がらず自ら進んで行動することが大事だと寮生活で吸収しました。新しいホームステイ先でしっかり行動に移して残り半分たくさん楽しみ、勉強していきます。

伊藤加奈さんより
● 6月30日 ●

前に作ったパペットの紹介をしました。パペットを使って沢山英語でコミュニケーション取れたと思います。English Ward Game もやりました。そのゲームは沢山のワードを学ぶ事が出来るのでいいと思います。
アクティビティ
今回はビーチへ行きました。担当の教師にミッションを出され、思ったよりも大変で疲れました。ビーチには沢山の子供達がいてコミュニケーションをとることが出来ました。
受験サプリの古典を最後までやりました。進むにつれてだんだん難しくなってきているので分からなかったり、始めの方とかも忘れてしまっていると思うのでもう一回通りやろうと思います。

今週で学校は最後でした、なのでお世話になった友達、先生、寮母さんに手紙と手作りクッキーをあげました。みんな予想以上にすごく喜んでくれ離れるのが余計辛くなりました。
凄く仲良くしてもらった3人中二人とは12月にまた会う約束をしているのでまだ寂しくはないです。留学が終わってからも行き来出来る中になれると思わなかったので嬉しいし素晴らしい事だと思います。
留学生活も残り半分です、1日1日を有効に使っていきます。

一瀬茉那香さんより
● 7月12日 ●

この日はクロージングセレモニーの日でした
グレード12の先輩が卒業したり同い年のひとが他校に行ってしまったりしてしまう日でした。
複数の先輩と仲良くさせてもらったりしたので少し悲しかったです。ですがウェディングドレスがとっても綺麗でした。クロージングセレモニーで赤とんぼを合唱しました。緊張感のあるステージでした。また、日本人のまゆさんが卒業しました。とても美しかったし女の人としてとても尊敬できる方でした、ほんとうにおめでとうございます。また私のルームメイトが他校に行ってしまうので一緒にご飯に行きました。大好きなルームメイトだったのでとても悲しいですが、向こうでもガンバっていて欲しいです。
また、新しいホームステイでは、家族全員優しくしてくださるので居心地がよく、両親が会話を求めてくるので英語力の向上心があがりました。絶対に途中帰国しませんしとても今後が楽しみです。楽しみのためにサマースクールでの取り組みも熱心にしていきたいです。

鈴木星理さんより
● 7月22日 ●

今週のサマースクールでは英語の細かいルールを学びました。難しいことですが英語を使う上でとても重要なことです。サマースクールの先生は丁寧でわかりやすく教えてくださって、質問をすると紙とペンを使ってわかるまで教えてくださいます。小さな疑問や発音など何でも聞いています。しっかりと覚えて身につけたいです。
宿題では英語の本を読むこととブログと言って日記を英語で書いています。私はハリーポッターを読んでいるのですが、毎日英語を読むことで読むスピードが以前よりも速くなりました。日本に帰るまでに1冊読み終えるように空き時間にも読んでいます。ブログも以前は長時間で200単語前後でしたが、今では300単語をさっと書けるようになりました。目に見える進歩があって、うれしいです。
アクティビティではボランティアとして小さな子供たちと折り紙をしたり、チャーハンを作りました。意外にも折り紙に興味をもっていました。
今日は湖に行って魚釣りをしました。私は初めて釣りをしました。先生が釣りの仕方や道具に英語名を教えてくださいました。メイプル生で湖に入って泳いだり、遊んだりしました。今日はとてもいい天気で気持ちよかったです。

ホームステイは前と同じ家にステイしています。ホストマザーは仕事時間が遅く夜の10時頃に帰ってくることも多いです。しかし毎朝私と同じ時間に起きてサンドイッチを作ってくれます。本当にありがたいです。
先週まで同じSMSの生徒とステイしていたのですが、夏休みで中国に帰ってしまいました。毎日英語で話していたので、寂しいです。ホームステイを通してすごく仲良くなれてよかったです
昨日はダウンタウンにホストファミリーと行きました。新しいアイスクリームショップでメイプルフレイバーのアイスを食べました。メイプルシロップやナナイモバーなど日本ではなかなか味わえないものを食べることができるのも留学の醍醐味です。
土日は買い物をしたり、授業や英語の復習をしています。
7月19日で、ちょうど残り1カ月です。この4カ月間はあっという間でした。英語だけではなく様々なことを学んだ4カ月間でした。私は本当に恵まれた環境で暖かい方々に出会うことができ、何もかもが「ありがとう。」そのひとことです。私達を応援してくださった方々のためにも残りの1カ月、集大成として頑張ります。

塚本毬乃さんより
● 7月25日 ●

Summer School に入って英語の勉強に集中して取り組む様になりました。英語の授業ではMs.Blackeyがmaple生に合わせて色々な授業をしてくれます。ここ最近では、外に出て運動をしながら英語のワードを学んだり、本を読みながら文章を学んだりしてとても楽しいです。この前はemotions についてゲームで学びました。二つのチームに分かれてemotionsを書けるだけ書くゲームをしました。後1カ月迫って来ているので頑張って学んでいきたいと思います。
午後はアクティビティでRoyal BC museum に行きました。カナダの昔のことや、先住民のこと、動物のことについて学びました。実際に模型を見て学ぶのでより一層分かりやすくて楽しいです。そのことも英語で聞くので力になります。これからも着実に取り組んでいきたいと思います。
SummerSchoolに入って環境も新しくなりとても充実した毎日を送っています。また、新しい先生になって話す内容も若い人向けにもなりとても面白いです。英語も真剣に取り組めるので凄く良いです。
私はSMSのソナム先生の家にホームステイしています。ソナム先生と旦那さんと一個下のホストブラザーとホストベイビーがいます。ブータンという国の家族で言語が違いますが、ほとんど英語で喋ってくださるのでとても面白くて楽しい家族です。
6月下旬から3週間一瀬茉那香さんもホームステイしています。
いつもはホストブラザーのガラムと一緒に世間話をしたりボールで遊んだり、ホストベイビーのハキのお世話をしたりして過ごしています。土日はアクティブな家族なので色々な所に連れてってくれます。この前、三日間のキャンプに行きました。ブータンの人とチベットの人が集まってキャンプファイヤーや海に入ったりしました。
言語がブータンとチベットで少し違うので、皆英語で会話していてとても身になりました。
二日間は生憎の天気でしたが、1日凄く天気が良く、海に入りました。とても楽しかったです。

これから後数週間ですが自分にできることは何なのか考えて行動して行きたいと思います。
そして自分にとって有意義な時間だったと思える様にしたいです。

高山真季さんより

英和女学院 中学校・高等学校

ページトップへ