学院生活
先生日記

HOME > 学院生活 > 先生日記一覧 > 留学生便り 10月

2015.11.06
留学生便り 10月
こんにちは。カナダは徐々に寒くなっており、0度を下回る日も増えてきました。寒さが辛い日もありますが、毎日元気に過ごしています。今月も様々なことを経験でき、たくさんの思い出ができました。
まず、今月の初めに、Run for the Cureという行事に参加しました。この行事は多くの地区で行われ、乳がん早期発見啓発のため、様々な団体が参加し、5km走るというイベントです。このイベントで集まった寄付金は、乳がんの研究や治療、早期発見の促進などのために寄付されます。エルムウッドスクールも毎年参加していて、希望した生徒や先生が一斉に走りました。友達といっしょに5km走りきったのはとても良い思い出です。
そして、今月の半ばに、イタリアから来た同じ年の女の子が、2週間私たちと一緒にステイすることになりました。好きな音楽の話をしたり、いっしょに料理をしたり、お互いの言語での挨拶を教えあったりなど、とても良い交流ができました。さらに、週末には仕事で違う場所に住んでいらっしゃるホストシスターも帰ってきて、家がいつも以上に賑やかになりました。また、ホストマザーが、アイスホッケーの試合を見に連れて行って下さいました。オタワのナショナルチームであるセネターズの試合で、相手はアメリカでした。観客の盛り上がり具合には驚きましたが、カナダならではの経験ができました。
そして、何よりも楽しかった今月のイベントはハロウィンです。カナダではハロウィンは大きな行事の一つのようで、何か月も前からお店ではコスチュームなどのハロウィングッズやカボチャが売られていました。ハロウィン当日も、家の装飾はとても凝っていて、家ごとに様々な工夫がなされたカボチャが置かれていました。夕方の6時頃から、黒猫に仮装して友達とトリックオアトリートに出かけました。お菓子が用意されている家かどうかは、パンプキンが家の前に置かれているかどうかで判断します。すべての家を回り終わった頃には、大きな袋からお菓子が溢れるほど、たくさんのお菓子をもらいました。日本とのハロウィンのスケールの違いに驚かされました。
学校では最初は全然分からなっかた授業にも徐々に慣れ、先生の英語にもついていけるようになった気がします。エルムウッドスクールの授業は討論をすることが多く、生徒は積極的に自分の意見を発表するので、とても良い刺激を受けています。私の今後の課題は自分の意見を英語で積極的に発表することです。

クラブのフィールドホッケーでは、他の学校との試合がありました。私はフォワードを担当しました。私たちのチームはトーナメントまで残りましたが、惜しくも1回戦目で負けてしまいました。短い間でしたが、チームのメンバーとは仲良くなれ、楽しい時間を過ごせました。フィールドホッケーのシーズンは終わってしまいましたが、また新しく他のスポーツが始まるので楽しみです。
カナダで様々な人と出会い、素晴らしい経験をさせていただいてることに感謝の気持ちでいっぱいです。多くの人に支えられていることを忘れずに、日々頑張りたいです。

英和女学院 中学校・高等学校

ページトップへ